30年以上を生き、史上最高齢となった犬、ボビ
2023年1月9日、ポルトガルのコンケイロスで「30歳と243日である」と確認され、史上最高齢の犬としてギネス・ワールド・レコーズに登録されたボビ。

飼い主のレオネル・コスタさんは「鎖に繋がれることなく、自然の中で自由に暮らし、健康的な食べ物を与えられ、愛情を注がれたことが長生きの秘訣」であると語ったとのこと。

ボビ以前の史上最高齢の犬は、1939年に29歳5ヶ月で亡くなった、オーストラリアのブルーイ(Bluey)。



続きを読む