視覚障害をおぎなうため、靴先に取り付ける障害物感知装置
オーストリアの靴会社とグラーツ工科大学の学生が協力して開発した、靴の先に取り付ける障害物検知装置、InnoMake。

距離を測るセンサー、足の動きを分析するセンサー、触覚フィードバックのための振動モーター、超高輝度LEDが内蔵されており、防水、防塵仕様でスマートフォンとの連携が可能。

4メートル以内の障害物を検知すると、連携させたスマートフォンから音や振動で通知される仕組み。

誰でも歳をとると視力が落ちるわけだし、想像以上に多くの人の役に立つ商品かもしれない。



続きを読む