穀物サイロに落ちたらこんなに大変なのか……。乾燥コーンに埋まった男の救助訓練を行う米アイオワ州のレスキュー隊員
アメリカ、アイオワ州の消防局レスキュー隊員が行っている、穀物サイロに落ちた人間を引き上げる救助訓練。

最初の5分半ほどは自力での脱出を試みるも無理。

続いて、数人がかりで色々な道具を用いつつ、救助されるまでが20分以上。

ハーネス使って引き上げながら、5枚の盾のような道具で管状に囲い、管内のコーンを排出しながら作業してもこれだけ時間がかかるなんて、想像以上に大変でビックリ。

【関連】
海のど真ん中に設置された風力タービンへ、ヘリコプターから降下する救助訓練
救急隊員がアイアンマンのように駆けつける、山岳救助の未来のカタチ

続きを読む

コメント
32
カテゴリー
その他の動画
動画
投稿日
2020/12/14