時間差で投げたバスケットボールを同時にリングへと入れる、トランポリンを使ったスゴ技
トランポリンを使って後方宙返りしながらバスケットボールを投げ、続いて前方宙返りしながらもう一つのバスケットボールを投げ、ゴールのリングへと同時にシュートするスゴ技。

それぞれの投げ方でシュートを決めるのも凄いのに、それらが同時に決まるというのがさらに凄い。

リングとトランポリンの距離は18メートルほどで、何度も試行錯誤したとのこと。素晴らしい。

続きを読む

コメント
0
カテゴリー
凄い映像
動画
投稿日
2021/04/06