これまでにない新たな調理方法が誕生。お肉を叩きまくって熱を蓄え、低温調理するスラップマシン
物体を叩くとわずかに発熱するという仕組みを利用し、叩くことで熱を蓄え、調理できないかと作り出したスラップマシン。

断熱材で包んだ鶏肉や牛肉を叩いて叩いて叩きまくり、肉の温度を上昇させて低温調理。

何度も実験と失敗、検証と改善を繰り返し、ようやく60度まで加熱できるように。

調理できたお肉の試食から見たい人は9:30から。

完成品は決して美味しいものではなかったみたいだけど、ここまでやり遂げた根性が凄いし、新しい発想の調理法というのが面白い。

続きを読む

コメント
0
カテゴリー
アート・サイエンス・テクノロジー
動画
投稿日
2021/03/19