仮想空間に患者の3Dデータを作り上げる、外科手術トレーニング用システム
CT、MRI、心エコー、超音波などで取得した患者のデータを、バーチャル空間内に3Dで作成するメディカル・ホロデック。

自由に視点を変え、患部のみをじっくり診察できるため、実際の症例に合わせた適切な手術指導、トレーニングを行うことができるという。

脳外科手術で頭蓋骨に穴を開ける前に、どこに穴を開ければ腫瘍を安全に摘出できるか、というのがハッキリ認識できるのはとても良いこと。



Teaching the Next Generation of Neurosurgeons in Virtual Reality



CloudXR: Cloud Rendering for 3D Surgical Planning in Virtual Reality





























タグ
仮想空間に患者の3Dデータを作り上げる、外科手術トレーニング用システ�