木製の歯車やT字、L字型のパーツを組み合わせた、アナログな仕組みでデジタルカウンターを表示させる工作。

デジタルなのに素朴な見た目も、カウンターが動く際の音も、どちらも心地よい。

こんな感じの時計が駅構内に設置されてたら、子供はずっと見ちゃいそう。

裏側からも見られるとなお良し。






カム機構を使って「アナログな7セグ」の繰り上がりに挑戦してみた。~mechanical 7-seg 4digit~





タグ
完成