地すべりで建物が17度傾き、廃墟となったギリシャの教会
ギリシャ、ロポトで2012年に起きた地すべりにより、建物全体が17度も傾いてしまった教会。

なんとか歩くことはできるものの、危険なことに変わりはなく、現在は廃墟となっている。

高さが違う建物だけど、ピサの斜塔の現在の傾きが4度くらいなので、17度というのはホントに凄い。



Crooked Church Is Slanted 17 Degrees









































タグ
地すべりで建物が17度傾き、廃墟となったギリシャの教会