枝分かれした木材をそのまま利用した伝統的な手法で、農具のピッチフォークを作る職人
スペイン、カタルーニャ州リェイダ県にある村、アレントーンで伝統的なピッチフォークを作り続けている、カシミール・ブレスコさん。

エノキ属の木を扱いやすい形に剪定して4年から6年ほど育て、収穫したら、枝分かれをそのまま利用してピッチフォークへと仕上げていく。

加工のための土台となる、多数の穴や突起のある丸太「ピッチフォークスティック」が興味深い。



Horca artesanal para su uso en el campo. Proceso de fabricacion | Oficios Perdidos | Documental







































































タグ
枝分かれした木材をそのまま利用した伝統的な手法で、農具のピッチフォ�