川底から大きなマンモスの牙を引っ張り上げ、ご満悦なヤクート人漁師
川底に沈んだ大きなマンモスの牙を引っ張り上げるヤクート人漁師たち。

地球温暖化で永久凍土が溶け、氷漬けになっていたマンモスがあらわれたため、ロシア連邦サハ共和国ではマンモスの牙を集めて売る「マンモスラッシュ」となっているそうな。

東京新聞の記事によると、保存状態の良い牙は1キロあたり4万2千円で売買されるとのこと。

しかし、2016年には炭疽菌に汚染された動物の死骸により、住民が集団感染する事故も置きているというのが恐ろしい。

【関連】
温暖化でお宝ザクザク!? ロシア永久凍土の融解でマンモス牙収集ブーム 5000年分がまだ地中に:東京新聞



Yakut fishermen found a mammoth tusk in the river





























タグ
川底から大きなマンモスの牙を引っ張り上げ、ご満悦なヤクート人漁師