犬みたいな大きさの「世界最小の牛」候補がバングラディシュの農場で生まれる
バングラディシュの牧場で生まれた牛の赤ちゃん、ラニちゃんが、世界で最も小さい牛となりそうだということで話題に。

ラニちゃんの身長は51センチ、体長は66センチで、現在世界で最も小さい牛という記録を保持しているインド、ケララ州のマニキャムちゃん(身長61センチ)よりも小さく、正式な記録更新が期待されている。

ただ、ラニちゃんをひと目見ようと、移動規制を無視して人々が集まっているため、新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されているとのこと。

World's smallest cow at Bangladesh farm
























タグ
犬みたいな大きさの「世界最小の牛」候補がバングラディシュの農場で生まれる