身長203センチ、体重204キロの巨漢にとって、飛行機の中は窮屈すぎる
世界最強を競う大会「ワールド・ストロンゲスト・マン」の優勝者、ブライアン・ショーさんが、飛行機の中がいかに窮屈なものであるのかを紹介。

彼の身長は203センチ、体重204キロで、1.5席分ほどのスペースがないと、ちゃんと座ることができない模様。

友人のニックさんは普通の席でもなんとか座れる。2周りほどは大きなブライアンさんにとっては厳しすぎる。

【関連】
普通の人には快適な旅も、世界最強を競う男たちにとってはなかなか厳しいものがあるらしい

I COULDN'T FIT ON THE AIRPLANE | 6'8" 450LBS




































タグ
身長203センチ、体重204キロの巨漢にとって、飛行機の中は窮屈すぎる