クチバシを連続して小刻みに閉じることで大きな音を鳴らす、ハシビロコウのコミュニケーション手法、クラッタリング。

島根県にある松江フォーゲルパークで撮影されたもので、激しく大きな音の連打はまさに機関銃。

狭い室内で音が響きやすいというのを差し引いても、デカい音で迫力ある。

【関連】
ハシビロコウさんは意外と礼儀正しくお辞儀をするらしい





タグ
コミュニケーション手法