地震もないのに不可解な揺れが発生した中国の超高層ビル、SEGプラザ
今月18日、中国、深センの超高層ビル「SEGプラザ(賽格広場)」で不可解な揺れが発生し、買い物客や従業員らが緊急避難。

2000年に完成した同ビルは72階建て、高さ356メートル。

当日地震は発生しておらず、広東省の緊急事態管理局によると、揺れの原因は強風やビル下の地下鉄、気温の上昇によるスチールの伸びが合わさったものだとのこと。

中国の「揺れる高層ビル」は制振装置がなかった…当局は「強風、地下鉄、気温の上昇が原因」と説明 - Yahoo!ニュース

東京タワーより高い超高層ビルが、地震もないのに揺れるという状況は恐ろしすぎる。

【関連】
まるでタコマナローズ橋の再来。中国、広東省の橋が強風によって大きく揺れ、異常なほどに波打つ
強風によって大きく揺さぶられた中国の吊り橋。当日の様子も、その後の映像も恐ろしい
台湾で全長140メートルのアーチ橋が崩落。何の前触れもなく崩れ落ちる瞬間の映像
制震ダンパーの有無で揺れはこんなに変わるという、模型を使ったデモンストレーション



Panic: Massive Shenzhen China Skyscraper SEG Plaza Starts to Shake









































タグ
地震もないのに不可解な揺れが発生した中国の超高層ビル、SEGプラザ