金色に輝く毛並みを持つ「黄金の馬」、アハルテケ。現存する世界最古の馬種のひとつ
トルクメニスタン原産の馬の品種、アハルテケは、つややかに光る毛並みから「黄金の馬」とも呼ばれる、現存する世界最古の馬種のひとつ。

毛色はさまざまな色があるけれど、いずれも金属光沢があるのが特徴。

水や食料の乏しいトルクメニスタンの砂漠の環境にも耐えられるほど丈夫で持久力がある。

世界でも3,000頭あまりしか飼育されていない希少な馬種だけど、日本では青森県のアハルテケ長谷川牧場で飼育されていて、またがっての写真撮影ができるみたい。

Akhal-teke, a race of horses aged over 3.000 years. As if fabric of silk and pearls, the race originates from Turkmenistan, where it is a national symbol. He is also called the ′′ golden ′′ horse because of his looks.



The most beautiful horse in the world - Akhal Teke



Akhal-Teke Horses | Sleek Metallic Coats



Turkmenistan Beautiful Akhal-Teke Horses Part 9



タグ
金色に輝く毛並みを持つ「黄金の馬」、アハルテケ。現存する世界最古の馬種のひとつ