世界で最も保存状態がよく、最も美しいと言われる沈没船。スペリオル湖に沈む蒸気船、グニルダ
1897年に建造され、1911年にアメリカ、オンタリオ州のスペリオル湖で沈んだ沈没船、グニルダ(Gunilda)。

1967年に水深82メートル地点で再発見された時は、船体はほぼ無傷で金メッキも残っている状態。

フランスの海洋学者で水中考古学者、ジャック=イヴ・クストーが設立したクストー財団によって「世界で最も保存状態が良く、最も権威のある難破船」「世界で最も美しい難破船」とされている。

Wreck Diving Gunilda shipwreck - Scuba Diving Canada




















































































タグ
世界で最も保存状態がよく、最も美しいと言われる沈没船。スペリオル湖に沈む蒸気船、グニルダ