3Dプリンタで火星にドームを形成。ドーム内部に居住空間を作り上げる、火星基地の建設構想
火星表面のレゴリス(堆積層)を素材に用いて、3Dプリンタ形式でドームを作り上げる、火星基地の建設構想。

素材の採掘、加工、建設や物資の運搬はすべて合体可能な自立型ロボットが行い、ドームの内部にはふくらませるタイプの居住空間を使用する。

月面基地にしろ火星基地にしろ、その場の素材を利用した3Dプリントタイプがになるのは間違いなさそう。

【関連】
3Dプリンタを活用して月面基地を作るという構想
火星の上空を飛んでいる気分。火星探査機が撮影したクレーター「コロリョフ」の上をゆっくり飛ぶような映像
3台の火星探査機が撮影した大量の写真を合成した、超高画質な火星の風景
11年かけて42キロを探査。NASAの火星探査ローバー「オポチュニティ」の軌跡を8分で見た映像

HASSELL + EOC presents MARS HABITAT




















































































タグ
3Dプリンタで火星にドームを形成。ドーム内部に居住空間を作り上げる、火星基地の建設構想