「助けて!」というハンドサイン。片手で、静かに、一瞬で伝えられて痕跡を残さない方法
新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中でロックダウン、在宅勤務、自粛が増え、結果として家庭内暴力も増加。

その対策の一環としてカナダをはじめとした各国で導入されたのが、片手で簡単に、静かに、助けを求められるハンドサイン「助けを求めるシグナル」。

電話やメール、SNSなどに痕跡を残すこともないので、助けを求めた家庭内弱者が加害者にさらなる暴力を振るわれるのも防ぐことができる。

友人との何気ないオンライン通話の途中でも、こっそりメッセージを送れることができる。

将来、被害者になる可能性も、被害者のメッセージを目にする可能性もあると考えると、この2つの動作は覚えておきたい。

Violence at Home #SignalForHelp


















Help!
Help!



タグ
「助けて!」というハンドサイン。片手で、静かに、一瞬で伝えられて痕跡を残さない方法