犬に爆弾を背負わせて敵戦車に潜り込ませ、犬ごと爆破する対戦車犬。第二次世界大戦中に実用化されていた動物兵器
第二次世界大戦中、ソビエト連邦の赤軍が考案し、他国でも採用されたことのある動物兵器、対戦車犬

犬に爆弾を背負わせ、スイッチとなるレバーを背中に設置し、戦車の中に潜り込むと、レバーが倒れて犬もろとも敵戦車を爆破するという仕組み。

短期的な戦果を上げたものの、ドイツの戦車を破壊するために計画されたのに、ソ連製の戦車で訓練したものだから、実践でも訓練通りソ連製の戦車だけを破壊したとか、火炎放射でパニックになって自陣に逃げ戻って大損害を与えたとか、被害も大きかったみたい。

Anti Tank Dogs in World War 2










































タグ
犬に爆弾を背負わせて敵戦車に潜り込ませ、犬ごと爆破する対戦車犬。第二次世界大戦中に実用化されていた動物兵器