サンフランシスコの大通りを、ビクトリア朝の2階建て住宅が移動していくタイムラプス。

住宅はトラックで牽引されて、大勢の見物客に見守られながらゆっくり移動。

築140年の住宅ということだから、取り壊さずに済む方法がコレだったというわけだね。














































タグ
サンフランシスコ
大通り
珍しい光景
マンション
階建て