12ヶ国語を使い分ける、カンボジアの土産売りの少年
カンボジア、アンコールワットを訪れる観光客に向けて、マグネットやポストカード、笛などのお土産を販売するトゥッチ・サリクくん。

ほぼ独学で習得した12ヶ国語を使い分け、16ヶ国語で数字を10まで数え、英語や中国語の歌を歌うこともできる。

日本の子どもや学生たちの言語学習のために、彼を招聘して教えを請うべきじゃなかろうか。

【関連】
18ヶ国語を自在に話し、観光客に絵を売るオランダ人ストリートアーティスト



Boy Genius Speaks 12 Different Languages



Meet the Cambodian boy who speaks more than a dozen languages





タグ
12ヶ国語を使い分ける、カンボジアの土産売りの少年