曲がった銃身で隠れて敵を撃てる。第二次大戦中にドイツ軍が実用化した、StG44突撃銃のアタッチメント「クルムラウフ」
自分の体は塹壕などの物陰に隠れた状態で、銃口のみを出して撃つというコンセプトの、StG44突撃銃のアタッチメント「クルムラウフ」。

第二次世界大戦でナチス・ドイツ軍が実用化したものの、屈曲銃身を通る弾丸が変形するため、命中精度に難があり、クルムラウフ自体も壊れやすい。

ついでに先端が重くなるから扱いづらいし、普及することはなかった模様。

コンセプト自体はすごくいいから、形状やら材質やらを改善できたらいいのかもだね。

【関連】
顔を出して目標を確認する必要が無いライフル Cornershot
ポケットサイズに折り畳み可能な新型ライフル FMG-9
戦車用120mmショットガン、XM1028キャニスター弾のスローモーション映像
1人の兵士のアイデアが2,000人の仲間を救った、第一次世界大戦、ガリポリの戦いでのエピソード



Krummlauf Curved Barrel on an StG-44

















タグ