MITが開発した、曲がりくねった血管内をすすむ糸状のロボット
マサチューセッツ工科大学のエンジニアが開発している、外部から磁気で操作できる糸状のロボット。

脳内の複雑な血管内を進むことができ、既存の血管内技術と組み合わせることで、動脈瘤や閉塞などの迅速な治療が可能に。

ロボットの芯はニッケルとチタンの合金、ニチノールで、磁性粒子を含むゴムやインクで全体をコーティングしている。

血管の構造を立体的に取得して3Dマップを作って、患部を指定すれば糸状ロボットが自動的に進んでいく、なんてことも将来的にはできそう。

【関連】
「爆発物を検知するホウレン草」を、MITのエンジニアが開発
MITで開発された、自分自身を折りたたむ超小型の折り紙ロボットが凄い
親指の爪が小型トラックパッドに早変わり!MITメディアラボで開発されたワイヤレスインターフェース NailO
下から飛び出す棒で物体を操作。MITメディアラボが開発したデバイス Kinetic Blocks



Robo-thread












































タグ
MITが開発した、曲がりくねった血管内をすすむ糸状のロボット