2本足で高速走行!米IHMCが開発している、小型二足歩行ロボット Planar Elliptical Runner
アメリカ、フロリダ大学のIHMC「人間・機械認知研究所(Florida Institute for Human and Machine Cognition)」が開発している二足歩行ロボット「Planar Elliptical Runner」。

ルームランナーで走っている速度は時速19キロ強。ガラスに挟まれてバランスを取っている状態とはいえ、スピードはなかなかのもの。

将来、こんなロボットが街中を所狭しと走り回るようになるのかもだね。警察犬代わりに配備するとかで。

【関連】
高機動かつ色々できる、ボストン・ダイナミクス社の新型ロボット「ハンドル」
機体性能を限界まで引き出した、六足歩行ロボット「ファントムX」のフェニックスコード・デモ映像
ドイツのメーカー、タコの触手のような吸盤付きロボットアーム「オクトパス・グリッパー」を開発
なんとも微笑ましい。ロボットのようなものに親愛の情を示す小さな女の子



2016-2017 IHMC Planar Elliptical Runner


























タグ