風景にナビ情報を重ねて表示する車載ナビゲーション AR HUDパイオニアが2012年の発売を目指して開発中のAR HUDは、車のフロントガラス手前に設置する車載カーナビゲーション。
普通のカーナビは視線を落として進路を見なければならないけれど、AR HUDは透明なディスプレイにナビ情報を表示させているので、実際の風景を見ながらナビ情報も確認できるのだ。
運転中ってちょっとしたよそ見でも命に関わる事故につながるから、カーナビはどんどんこうした方式にしていくべきだよね。
Transparentwallみたいな機能も付いてくれたら、もっといい感じ。

【関連】
拡張現実で壁の向こうを透視し、死角をなくす技術 Transparentwall
ごく近い未来に実現していそうな、日常にタッチスクリーンがありふれた光景 その2

実際の風景にナビ情報を重ねて表示する「AR HUD」、2012年に発売 #DigInfo
タグ