不気味の谷を若干越えつつある人間型ロボット Geminoid人間に極めて近い容姿をしたロボットは、人間との微妙な違いが逆に気になってしまい、不気味に見えるという「不気味の谷」現象も、さらに人間に近づけていけば消えていくのは間違いないこと。
現在の人間に外見まで似せた人型ロボットはその不気味の谷を越える過渡期にあって、不気味の谷を越えつつあるロボットの1体として、このGeminoidはかなり良い線いってる存在。
動いたり表情を変えたりするとまだまだぎこちないけれど、おとなしくしている様子を遠目に見たら、かなり人間っぽい。

【関連】
人間そっくりなロボットに近づいたハンソン博士のロボット ジュール
感情を表情と仕草で表現する人型ロボットがちょっとムカつくけど凄い
人間の顔に合わせて形状を変化させる顔ロボット WD-2
人間の口に近い構造で言葉を発する口ロボット

Geminoid test - see photos at http://www.miniurl.com/95654


Geminoid-DK first smile


Geminoid-DK breathing scheme


Geminoid DK Mechanical Test
タグ