道具を一切使わずに20個のレンガを頭の上に積み上げ、運ぶ男左側の男から手渡されたレンガを、立った状態のまま自分の頭の上に積み上げていく男。
両手で積み上げるレンガの数は2個、4個、6個と増えていき、最終的には手の届かない位置に投げて置く感じで20個ものレンガを乗せてしまうのだ。
これだけでも十分すぎるほど凄いけど、その状態で不安定な船の上を移動するバランス感覚も恐ろしい。

Incredible Brick Balancing Act
タグ