今日のニュース



狭い路地をハイスピードで走る、ブラジル、サンパウロでのバイクチェイス

カテゴリー
モーター・乗り物
動画
狭い路地をハイスピードで走る、ブラジル、サンパウロでのバイクチェイス
ブラジル、サンパウロの街中を、2人乗りのバイクで逃げる犯人と、追う警察官。

狭い路地に入り込み、車両の間をすり抜け、逃げる方も追う方も結構なスピードで走り続ける恐ろしさ。

犯人に拳銃向けたり、蹴り倒そうとしたり、ブラジルの警察は結構激しい対応するんだね。

警察官も運転技術はもちろん、地理に明るくないと取り逃がしてしまいそう。

【関連】
映画みたいな凄さ。反対車線も歩道も走る、ブラジル、サンパウロでのバイクチェイス
細い路地を右へ左へ、バイクで逃げる強盗を追うベトナム警察のバイクチェイス
バイクで逃走するひったくり犯を追うベトナムの警察。交通量の多い都会でのバイクチェイスがアクション映画のようで凄い
これは恐ろしい。高速道路を逃げる逃走犯と警察による、ハイスピードなバイクチェイス

続きを読む

コメント
0
カテゴリー
モーター・乗り物
動画
投稿日
2021/05/17

ウェディングドレスを着たまま海に飛び込むのはとても危険であるらしい

カテゴリー
ハプニング・事故・事件
動画
ウェディングドレスを着たまま海に飛び込むのはとても危険であるらしい
カリブ海に面したメキシコの街、プラヤ・デル・カルメンで結婚式を挙げた新郎新婦。

挙式の翌日、ウェディングドレスを着たままで海に飛び込んだ花嫁が、濡れたスカートを頭からかぶってしまい、危険な状態に。

慌ててスカートを剥がす新郎や、助けに飛び込んだ友人たちにより、最悪の事態は免れることに。

ボリュームたっぷりで、どちらが表か裏かも分からない純白のドレスがこんなに恐ろしいとは。

続きを読む

コメント
0
カテゴリー
ハプニング・事故・事件
動画
投稿日
2021/05/17

ビルの外壁に作られた、世界で最も高いクライミングウォール。高さは85メートル

カテゴリー
建築物
動画
ビルの外壁に作られた、世界で最も高いクライミングウォール。高さは85メートル
デンマーク、コペンハーゲンの廃棄物処理施設、アマー・バッケ(Amager Bakke)の外壁部分に作られた、高さ85メートル、世界で最も高いクライミングウォール。

安全のためにロープを付けているとはいえ、ビルそのものを登るような感覚は、楽しそうでもあり、恐ろしくもある。

アマー・バッケは廃棄物を焼却した熱を利用して発電する熱電供給プラントであり、同時に屋上の人工スキースロープやハイキングスロープ、クライミングウォールを備えたスポーツ施設でもあるとのこと。

2個目の動画は屋上の人工スキースロープを堪能している映像、3個目の動画は施設そのものを紹介した映像。

続きを読む

コメント
0
カテゴリー
建築物
動画
投稿日
2021/05/17

堂々と盗む瞬間を撮影されてしまった万引き犯。協力者もいた模様

カテゴリー
動物・自然
動画

イギリス、スコットランド北東部の都市、アバディーンのスーパーマーケットで盗みを働く瞬間を撮影されてしまった万引き犯。

入り口から堂々と店内に入った後、お目当ての商品を落としながらも手に入れ、自動ドアを開けられずに困っていた所、共犯者と思われる男によって窮地を脱した模様。

証拠映像はしっかり残っているし、逮捕は時間の問題かな。

【関連】
盗んだ商品を大きなプレゼント箱にどんどん突っ込む、2人組万引き犯の大胆な犯行の手口
その発想はなかった。ヘビを自分のズボンに突っ込み、盗み出した万引き犯
脱いでも脱いでもまだ脱げる。さすがにやり過ぎな万引き犯
これは常習犯。万引きするカモメ その2

続きを読む

コメント
0
カテゴリー
動物・自然
動画
投稿日
2021/05/17

マナティーの口は近くでじっくり見ると結構キモい

カテゴリー
動物・自然
動画
マナティーの口は近くでじっくり見ると結構キモい
おとなしくて愛らしい、草食性の海洋生物、マナティー

見た目も性質も親しみやすいけれど、マナティーの口元を近くでじっくり見ると、奇妙な形と動きで結構キモい。

ボツボツ飛び出す毛は触覚センサーとなっていて、左右の突起はそれぞれ独立して動かせるとのこと。

【関連】
マナティーは届く範囲なら、陸上の草もモシャモシャ食べる
真下を泳ぐマナティーが丸見え!透明カヌーからみた光景
人畜無害なマナティーに恐れおののき必至で泳ぐお姉さん
マナティーが好きになっちゃう動画

続きを読む

コメント
0
カテゴリー
動物・自然
動画
投稿日
2021/05/17

銃弾よりも速い。生物界トップレベルの加速度で胞子嚢を射出するミズタマカビ

カテゴリー
動物・自然
動画
銃弾よりも速い。生物界トップレベルの加速度で胞子嚢を射出するミズタマカビ
草食動物の糞に出現する糞生菌の一種、ミズタマカビは、胞子を含んだ胞子嚢を丸ごと射出する特徴がある。

胞子嚢を射出する加速度は生物界でもトップクラスで、銃弾の加速度が9,000Gを超える程度であるのに対し、ミズタマカビは20,000Gと倍以上の数値。

こうして飛ばした胞子が草に付着し、草ごと胞子を食べた草食動物の体内を通って、ふたたび糞の中から生えてくる。

カビにしては見た目綺麗なのに、ウンコを好んで生えてくるというギャップも面白い。

【関連】
自然界最速、重力の18万倍の加速度で胞子を撃ち出すカビ

続きを読む

コメント
0
カテゴリー
動物・自然
動画
投稿日
2021/05/16

今から100年以上昔のイングランド、コーンウォールの映像をAI技術でカラー化、HDリストア

カテゴリー
海外・旅行
動画
今から100年以上昔のイングランド、コーンウォールの映像をAI技術でカラー化、HDリストア
イングランド南西端、コーンウォールで1916年に撮影された映像を、HDリストア、AI技術でカラー化したもの。

現在から100年以上昔のイングランドの中に、現在との共通点を見つけたり、現在ではあまり見かけないようなものを発見したり。

人々の服装はだいぶ変わっているけど、子どもたちの元気いっぱいな様子は変わらない。

【関連】
おどろくほど青く染まったイングランドのコーニッシュ銅山の内部を探索
日の出を見に海岸に行ったら、BMWが波にもまれていた……
海岸に面した崖が崩れ落ちる、大規模な土砂崩れを偶然撮影した映像
イングランドに姿を現した、鉱夫の姿の巨大ロボット「Man Engine」

続きを読む

コメント
0
カテゴリー
海外・旅行
動画
投稿日
2021/05/16

馬の蹄鉄を取り替えるイギリスの蹄鉄工。職人技につい見入ってしまう

カテゴリー
職人・工事
動画
馬の蹄鉄を取り替えるイギリスの蹄鉄工。職人技につい見入ってしまう
古くなった蹄鉄を取り外し、長くなった蹄を切って整え、新しい蹄鉄のサイズを合わせて履かせる、イギリスの蹄鉄工、ジェイクさん。

一連の作業がとても丁寧で熟練されていて、その職人技についつい見入ってしまう。

馬もおとなしくしてくれているけど、ヤスリがけの振動とか気持ちよかったりするのかもね。

【関連】
蹄鉄を外して、切って削って。馬のヒヅメをお手入れする、職人さんの視点から見た映像
馬の蹄鉄を新しく履き替える一連の作業

続きを読む

コメント
0
カテゴリー
職人・工事
動画
投稿日
2021/05/16

ページトップへ

アクセスランキング