79歳のバレエダンサー、スゼル・プールが踊る「瀕死の白鳥」
1940年生まれのイギリスのバレエダンサー、ヒューストンバレエ団の元ソリスト、スゼル・プール(Suzelle Poole)が昨年、79歳にして踊った瀕死の白鳥

彼女は70代でも現役でバレエを踊っていることで知られたダンサーであるとのこと。

瀕死の白鳥は、傷つきながらも懸命にもがき、踊り、息絶える白鳥を表現したバレエ。

彼女が踊ることによって、表現に深みが増しているというか、説得力がすごい。

【関連】
アルツハイマー病を患う元プリマ・バレリーナのマルタ・ゴンザレスさん。白鳥の湖を聴き、当時を思い出したかのように踊りだす

続きを読む

コメント
5
カテゴリー
ダンス
動画
投稿日
2020/12/06