1979年当時の機材と手順でインターネットに接続する映像が興味深い
ブラウン管のディスプレイ、巨大なフロッピーディスク、ダイヤル式の固定電話機に、受話器を乗せることで通信する音響カプラなる通信機器。

1979年当時の機材を使い、正しい手順でインターネットに接続する映像が面白い。

今では、小さいフロッピーディスクや、受話器を使う固定電話すらも見たこと無いって人までいたりするよね。

【関連】
現代っ子たちにフロッピーやレコードなど、過去の遺物を見せてみた
パパから「電話切っといて」と受話器を渡され、困惑してしまう今どきの女の子
今どきの子供、公衆電話が何なのか分からずに困惑
iPadのようにフリックできない紙媒体に違和感を覚える今時の赤ちゃん

続きを読む