音色の違い、わかる?62ドルの激安バイオリンと、28万5千ドルのアンティーク・バイオリンを弾き比べてみた
Amazonの通販で62ドルで購入した激安のバイオリンと、10万ドルを超える価格のアンティーク・バイオリンとの弾き比べ。

最初に演奏しているのが62ドルのバイオリンで、次に演奏するのが1794年製のヴィンチェンツォ・パノルモ製作のバイオリン。お値段は13万ドル。

3番目がジュゼッペ・スカランペラ製作の18万5千ドルのバイオリンで、最後がカルロ・アントニオ・テストーレ製作の28万5千ドルのバイオリン。

その道の人にはそれぞれの良さとか特徴の違いが分かるんだろうか……。

【関連】
地下鉄の片隅で演奏する有名バイオリニストに人々は立ち止まるのか実験映像
「とにかく私が目立ちたい!」そんな4人の女たちによるコメディー・カルテット
演奏中に客席から響く着信音を、逆に利用したヴァイオリニスト
未経験のお姉さんが2年間、ヴァイオリンを引き続けた成長記録

続きを読む