音楽と完全にシンクロした、金属球と磁石のルーブ・ゴールドバーグ・マシンがすごい
チャイコフスキー作曲のバレエ曲、くるみ割り人形の「花のワルツ」に合わせて作られたルーブ・ゴールドバーグ・マシンがすごい。

木片の上を転がる金属球が連鎖していくだけでもすごいのに、音楽と完全にシンクロしているのがすごすぎる。

製作者いわく、花のワルツの一部分だけを数百回も聞き続けて、気が狂いそうになったとか。

【関連】
磁石の動きが面白い!カプラと磁石とビー玉で作った、ルーブ・ゴールドバーグ・マシン
ラインライダーの映像と音楽の融合が気持ちよくてたまらない、ペール・ギュントの「山の魔王の宮殿にて」
音楽を流すとドアが開く。1年を費やして作り上げたルーブ・ゴールドバーグ・マシン
HPのプリンターで印刷された紙を使ったアニメーション HP - Hit print

続きを読む