針の穴に入ってしまうほど小さな作品を作る彫刻家、ウィラード・ウィーガンの作品が凄い
針の穴の中にすっぽり入ってしまうほど小さな作品を作るイギリスの彫刻家、ウィラード・ウィーガン。

5歳の頃、読み書きができずにバカにされ、学校へ行かずに物置に隠れていた5歳の時に、アリのための家を作ったのがきっかけ。

アリの家を見た母親からの「あなたが小さな作品を作れば作るほど、あなたの名前は大きくなる」という言葉の通り、より小さな作品を作り続けた彼は、その活動により大英帝国勲章(MBE)を受賞。

どんなことでも突き詰めれば凄いけど、ここまで小さな作品をこれだけの精度で作ってしまうというのが凄い。

【関連】
針の穴の中にすっぽり収まる超ミクロアート
1本の髪の毛の表面に刻んだ世界初の極小広告
髪の毛サイズなのにこの精巧さは凄い!3Dプリンタで作った超極小の宇宙船模型
回転させるのも一苦労。1辺が5.6ミリ、世界最小のルービックキューブ

続きを読む

コメント
9
カテゴリー
アート・サイエンス・テクノロジー
動画
投稿日
2019/06/16