通報されてしまうレベル。見る者を驚かせるマーク・ジェンキンスのストリートアート 写真24枚
アメリカのアーティスト、マーク・ジェンキンス(Mark Jenkins)が世界各地の街中に作った、見る者を驚かせるストリートアート。

パッと見は人間かと思ってしまうような、マネキンを利用した作品が多くて、ものによっては事件性を感じられて通報されてもおかしくないレベル。

河に浮いてるのとか、看板の上でうつ伏せになってるのとか、ヤバいよね。

【関連】
あらゆるものをフォトショップで加工中にしてしまうストリートアート
すごいけど怖い。廃墟をある意味生き返らせる、ロシアのストリートアーティスト Nikita Nomerz
ちょっと面白いけどはた迷惑。街の一部をダクトテープで覆ってしまう、マーロン・デ・アザンブジャのストリートアート
街中のあれもこれニットを編んで包み込む、Yarn bombing(糸爆撃)というストリートアート

続きを読む