車が来ないと省エネモード。ノルウェーのハイウェイに設置されたハイテク照明灯
ノルウェーのハイウェイ155号線に設置されている、省エネタイプの道路照明灯。

220台のレーダーによって車の接近を検出し、車がない時は暗く、車が来た時だけ明るく道路を照らしていく。

常時明るい照明灯と比べて、1週間に2,100キロワット時の節電になるため、設置費用は4年半で回収できる計算なんだとか。

あんまり車が通らない地域の道もみんな、こういうタイプにしてもいいかもしれないね。

【関連】
必要なときだけLEDライトが自動的に点灯する階段
20分で勝手に消えるオフィス照明がウザかったから、シンプルなアイデアで改善してみた
高速道路上の陸橋を一晩で解体する、撤去工事の微速度撮影映像
ついつい見ちゃう、アメリカ、州間高速道路57号線の拡張工事

続きを読む