超低帯域幅でもキレイな映像でビデオ会議できるNVIDIAのAI新技術。写真を元に、表情データを反映させる仕組み
送信側は基本となる写真と、表情変化に関するデータを送り、受信側はそれらを元にニューラルネットワークを用いて映像を表示させる。

ビデオ会議のためにNVIDIAが開発した、超低帯域幅でも驚くほどキレイな映像を表示させられるAI技術。

基本の写真を変更すれば、アバターを使ったビデオ会議も可能。

Vチューバーもこういう技術で大きく変化しそう。

続きを読む

コメント
6
カテゴリー
アート・サイエンス・テクノロジー
動画
投稿日
2020/10/07