肉食獣のごとき凶悪さ。南アメリカの一部のハチドリは、戦うためにクチバシを進化させている
ハチドリのクチバシは花の蜜を吸うために細く長く進化しており、同じく細長く進化した舌を使って蜜を舐め取る。

しかし、南アメリカに生息する数種のハチドリは、オス同士が戦い、争うために進化していったのだという。

相手を突付いたり摘んだりしやすいように、クチバシの先はカギ状になり、内側には鋭いトゲが並んでいる。

エサ台から引きずり落としたり、飛びながらフェンシングしたり、好戦的なハチドリって何だか凄い。

【関連】
寄生獣の「ぱふぁ」みたいな顔になる、コスタハチドリの求愛行動
造形も動きも美しい。ホバリングしながら蜜を舐めるハチドリを撮影したスローモーション映像
小さな噴水に群がる、ハチドリたちのプールパーティー
とても小さなハチドリのヒナを保護して育てた記録映像

続きを読む