老朽化したアメリカの高速道路を重機でゴリゴリ解体していくタイムラプス
アメリカ、ワシントン州シアトルで60年以上に渡って活躍してきた、南北を結ぶ高速道路、アラスカンウェイ高架橋。

地震に対する脆弱性が問題となったため、代わりとなるトンネルを開通させたのが2019年1月。

この映像は2019年2月から開始された、高架橋の解体作業をワシントン州運輸省が撮影してまとめたもの。

爆破解体できず、重機を使って少しずつ砕き、切断し、分解する地道な作業のタイムラプス。

解体時に発生したコンクリートは、同じく閉鎖となったバッテリーストリートトンネルを埋めるために使われたとのこと。

【関連】
116台のショベルカーで同時にぶっ壊す!中国、江西省の陸橋解体工事がすごい
車の解剖。スクラップ場で車を解体していく映像が面白い
上から少しずつ齧り取る、原子力発電所の冷却塔をちょっとずつ解体する重機
一瞬で崩れ落ちる建築物。100件に及ぶ爆破解体の瞬間を集めた映像集

続きを読む

コメント
9
カテゴリー
職人・工事
動画
投稿日
2019/09/26