米国防高等研究計画局が開発中の、先頭車両の機動性を向上させる技術のデモンストレーション
DARPA(米国防高等研究計画局)が開発している、先頭車両の機動性を向上させ、安定化し、安全性を高めて、ドライバーを適切に補助する新技術の数々。

でこぼこ道でも安定した走行ができる高度なサスペンションであったり、周囲の状況をセンサーで読み取って車内のディスプレイに表示するシステムであったり、地形に応じてタイヤから履帯へと変形する車輪であったり。

車の周囲と車そのものを立体的に把握して、ゲーム感覚で操縦できるのが楽しそうで便利そう。

【関連】
浮かぶ履帯で豪快に進む!DARPA(米国防総省国防高等研究計画局)が開発した水陸両用輸送車 CAAT
追尾するライフル弾の開発に成功!DARPA(米国防総省国防高等研究計画局)の極限精度任務兵器「EXACTO」が凄い
音で火を消すDARPA(米国防総省国防高等研究計画局)の技術がさらに進歩!これはマジで使える技術になるかも
内臓丸ごと泡で覆って止血。DARPA(米国防総省国防高等研究計画局)による緊急時の止血法が凄いけど怖い

続きを読む