第一次世界大戦で使われた、鉄筋を加工したナイフ「フレンチ・ネイル」を作ってみた
第一次世界大戦にてフランス軍で使われていたという、鉄筋を加工したナイフ「フレンチ・ネイル(French Nail)」を実際に作ってみた職人さん。

鉄筋の一方を細長く丸めて持ち手にし、もう一方を叩いて伸ばして削り、両刃のナイフとして整える。

斬るために使うのはいまいちだけど、突き刺す性能はなかなかのもの。

どこにでも転がっていそうな鉄筋から作れる武器としては上等だね。

【関連】
スパナにレンチにチェーンまで!意外な金属を加工して作ったナイフがかなりの格好よさで欲しくなる
線路を固定する犬釘を加工、鍛えてナイフを作り上げる鍛冶工程
パンを潰さずサクサク切れる!超音波振動ナイフが気持ちいい
刺した対象にガスを注入して凍らせ破裂するワスプナイフ

続きを読む