真鍮のワイヤーを巻いて切って繋ぐ、キューバ式チェーン・ブレスレットを作る工程
太さ4.8mmの真鍮製のワイヤーを金属の棒に巻き付け、ノコギリで切断。

切り離されたパーツをつなぎ合わせたら、それぞれを輪にして溶接、捻って側面をヤスリがけ。

キューバ式だというチェーン・ブレスレットを製作する工程がなかなかおもしろい。

【関連】
スパナにレンチにチェーンまで!意外な金属を加工して作ったナイフがかなりの格好よさで欲しくなる
超長いボールチェーンの端をビーカーから落とすと起きる、あの物理現象をスローモーションで観察してみた
キー部分がチェーンのように柔軟な、世にも珍しい鍵
ベアリング球を弾丸として発射!真鍮製の棒から削り出して作った、ホントに撃てるミニ大砲

続きを読む