洪水の怖さがよくわかる、米気象予報チャンネルの報道
現在、アメリカに上陸している大型ハリケーンの「フローレンス」。

フローレンスが誘発するであろう洪水の被害を視覚的に表現した、米アトランタのウェザー・チャンネルの番組。

高さ3フィート(約0.9メートル)、6フィート(約1.8メートル)、9フィート(約2.7メートル)と、それぞれの高さの水を実際に見せるこのやり方は、予測できる被害の大きさを伝えるには効果的だよね。

【関連】
ハリケーンの威力がよく分かる、スケールごとの家への被害を映像化
栄枯盛衰を視覚化。ヨーロッパ周辺各国の1000年間にわたる変化をまとめた映像
イギリスの気象予報士、ハロウィンだから生首を外し、デュラハン状態で天気を伝える
弾道ミサイル落下時に、窓ガラスから離れた方がいい理由がよくわかる映像

続きを読む