氷点下26度、極寒のミネソタ州。外に出て2時間でこんな事になってしまうという男の記録
氷点下26度を記録したアメリカ、ミネソタ州の1月のある日、27歳のジェイク・フィッシャーさんが撮影した映像。

外に出てから5分、15分、30分、1時間、2時間と、自分の顔がどう変化したのかをそれぞれ記録。

2時間後は元気ない感じになっちゃってるけど、顔はあんまり寒さを感じなくて、なぜか右手の親指だけ痺れていたとか。

【関連】
強風吹き荒れる極寒のスペリオル湖でサーフィンすると、とんでもない事になってしまう
かなりイカれたカナダ人たちの日常
「極寒の地でお湯を撒き散らすと一瞬で霧となる!」という実験に失敗してしまったお兄さん
これは便利!凍りついたフロントガラスを簡単に解かせるライフハック

続きを読む

コメント
10
カテゴリー
ファミリー・日常
動画
投稿日
2020/01/22