水を吸うと蕾が花開く木彫りの花が凄い
彫刻家、大竹亮輔が制作した、木彫り作品「竹の水仙」。

水仙の根本に水を注ぐと、木が水を吸い上げて、水仙の蕾が徐々に花開いていくという仕組み。

以前紹介した伊勢海老の自在置物も凄かったけど、この水仙の仕組みも面白いね。

【関連】
木なのに本物の伊勢海老みたい!25歳の彫刻家、大竹亮輔が彫った伊勢海老の自在置物が凄い
木製なのに美味しそう!木彫りの食べ物を作る彫刻家、川崎誠二の作品が凄すぎる
木なのにホントに生きてるみたい!ヘビが巻き付いた木製の杖を作るお爺ちゃん
【画像】全て木だなんて信じられない!トム・エッカートのウッドアート 写真14枚

続きを読む