極限まで小型に進化。電動スケートと化したセグウェイ「Segway Drift W1」
自動的にバランスを取ってくれる電動パーソナルモビリティのセグウェイが極限まで小型化。

両足それぞれの下に履く電動スケートとなって、かなり身近な存在に。

重さは片方3.5キロ。最高速度は時速12キロで、最大45分間の走行が可能。

3人分揃えてジェットストリームアタックごっこできそう。

【関連】
自転車なみの速度で走れる電動ローラーシューズ RocketSkates
セグウェイを勝手に改造した「太巻きセグウェイ」
思わず笑う。米シカゴで目撃された、セグウェイ家族の移動風景
トヨタが作ったセグウェイみたいな移動用ロボット Winglet

続きを読む