最も背の高いプロテニス選手、イボ・カロビッチとの試合後にハグするドゥディ・セラ選手が面白かった
身長211センチのイボ・カロビッチ選手は、男子プロテニス界で最も背の高い選手。

彼との試合を終えた後、ハグするためにドゥディ・セラ選手が行った行動に、会場からは笑いが巻き起こったそんな一幕。

ドゥディ・セラ選手も身長175センチで、決して低くはないのに、イボ・カロビッチ選手と並ぶと大人と子供みたい。

【関連】
試合中に観客から求婚された女子テニス選手、シュテフィ・グラフの見事なリターンエース
審判にボールを当ててしまったプロテニス選手、マラト・サフィンの紳士的な行動
この人面白い!テニスを笑いに昇華した男、マンスール・バーラミ
ラファエル・ナダルがベン・スティラーを、フアン・マルティン・デル・ポトロが少女を誘ってのファンサービス

続きを読む