捨て身で計測しているのはジャストン・ドレイクさん。撮影者はサイモン・ブリューワーさん。
共に気象学者で、米テレビ番組「ウェザー・チャンネル」内のシリーズ「ストーム・ライダーズ」を担当。
撮影場所はイルマの台風の目の壁のあたりで、風速は52メートル毎秒(時速188キロ)だったとのこと。

続きを読む