日本の包丁で驚異的な薄切りを披露する、イタリア人の職人さん
10年以上にわたって日本の包丁を使ってきたイタリア、ボローニャ出身の職人、ジャコモ・ジョヴァニッチさんが、彼のスライステクニックと包丁の切れ味を見せてくれる映像。

透けて見えるほどの薄さで綺麗にスライスする様子は、見ているだけでも気持ちいい。

包丁の切れ味も、職人さんの腕も凄い。

【関連】
素早く正確にパンを切る、ロシア人パン職人の職人技
20年間土の中で錆びついた斧を、新品同様にリサイクルする職人さんの鍛冶工程
ナイフで色々な素材を淡々と切り続ける、タイの鍛冶職人が集う競技会が面白い
包丁研ぎって大事。100均で買った包丁を丁寧に研いだ結果……

続きを読む