割れる寸前に波紋が走る!鏡が割れる瞬間を120,000fpsで撮影した超スローモーション映像
鏡にハンマーを投げ付け、鏡が砕け散る様子を秒間120,000フレームで撮影した超スローモーション映像。

2,500fpsで撮影したスローモーションだと鏡が一瞬で割れてしまうけれど、120,000fpsだとヒビが入る前に波紋が広がる様子までがしっかり確認できる。

ハンマーがじわじわ鏡を押し割っていく様子がなんだか不思議で面白い。

【関連】
高温のガラスを急激に冷却、砕け散る様子を撮影したスローモーション映像
水中で銃を撃つとどうなるの?27,000fpsで撮影した超スローモーション映像
ゆっくり迫る水の壁が大迫力。1,000fpsで撮影したサーファーたちのスローモーション映像が美しい
T-90戦車「ヴラジーミル」の主砲発射を18000fpsで撮影したスローモーション映像

続きを読む

コメント
11
カテゴリー
アート・サイエンス・テクノロジー
動画
投稿日
2016/08/30