使い捨てライターを巨大化させた自作アイテムがもはや火炎放射器
普通は手のひらにすっぽり収まるサイズの使い捨てライターを、両手で抱えないと持てない大きさで自作。

携帯性を犠牲にしつつも、着火の速さや攻撃力に関しては大幅にパワーアップ。

イギリスで市販されているプロパンバーナーを利用したもので、あくまでも火炎放射器ではないらしいけど、この威力は間違いなく火炎放射器。

【関連】
火炎放射器と放水ポンプ、どちらが強いか真っ向勝負してみた実験映像
一般販売されている火炎放射器「XM42」を手に入れ、とても嬉しそうに火炎放射するお爺ちゃん
さすがアメリカ。スズメバチの巣を火炎放射器で燃やし尽くして豪快に駆除
なんて渋すぎるアイテムなんだ!白金の触媒効果で着火する、アンティークなプラチナ触媒式ライター

続きを読む